何!このリノベはできないの?<マンションリノベ編>

何!このリノベはできないの?<マンションリノベ編>
リノベーション
皆さんこんにちは、リノベ不動産ホームタウンです。今回、中古マンション+リノベーションという住宅購入の方法で、気を付けたいこと、または、よくある質問などを一緒に見ていきましょう。

エアコンはどこでも設置可能ではない・・・

何!このリノベはできないの?<マンションリノベ編>
この暑くて寒い日本において、エアコンは必需品となっており、一部屋に一つという感覚ではないでしょうか。昔のマンションですと、エアコンの設置個所が限られている場合が多いです。ここで基本的なことですが、エアコンは室内機と室外機がセットになっています。当然ですが、室内機と室外機を管でつなげる必要があります。そのため、マンション中央の部屋にはエアコンがないことがあります。配管の関係でエアコンを設置できなかった可能性があります。

最新のマンションですと、どの部屋にもエアコン設置可能な場合が多いですが、年齢を重ねられたマンションは、別途配管工事が必要になる場合があり、エアコン設置に制限があることが多いです。

具体的には、壁に穴をあけて配管するわけですが(これらの作業をコア抜きといいます)、住民が変わるたびに、好き勝手に、コンクリートの壁にコア抜きをしていては、穴だらけになってしまいますし、住宅の耐震性は、壁や柱で支えています。重要な壁にコア抜きをされたら、これは問題ですね。そんなことで費用や耐震性を考慮しますと、エアコンの設置にはある程度の制限があることを認識することが大切です。
 

防犯の要<インターホン>

何!このリノベはできないの?<マンションリノベ編>
インターホンもマンション設備においては標準装備に近いですね。さて、新しい住まいを考える場合、できるだけ、前住んでいた人の生活感をなくしたいと考える方が多いです。そこで、クロスの張替えや、フルスケルトンリノベーションを行う方が多くなっています。

実は、設備は交換しにくいものが多いです。火災報知機やその他のシステムと連動してる可能性があるので、簡単に交換することができません。事前に、管理組合などに確認が必要です。

さてインターホンですが、長く使用していると黄ばみも目立つかもしれません。器具の交換が難しい場合は、全体を新しいカバーで覆うなどの工夫で違和感なく使用できると思います。不動産屋かリノベーションの担当者に相談することをお勧めします。


 

実は、種類もいろいろ給湯器!!

給湯器にも様々な物があります。性能を比較する指数として、号数があります。これは「水温+25℃のお湯を1分間に何L出せるか」という性能を表します。

単純にこの指数が低いと、シャワーの途中でお湯が出にくくなってしまうことがあるかもしれません。
この給湯器も、好き勝手に変えることは難しく制限があることが多いです。

給湯器の性能もマンション比較の際に参考にしてもいいかもしれませんね。
 

最後に一言・・・

何!このリノベはできないの?<マンションリノベ編>
もし事前に導入したい設備がある場合、不動産屋さんに問い合わせることが大切だと思います。また、リノベーションの際にも、担当者に積極的に聞いてみましょう。せっかくの住まいですから、最大限要望を取り入れた住宅にしたいですね。

中古+リノベで設備の面でも、注文住宅以上の住宅を手に入れましょう。

 
WORKS MORE
EVENT MORE